Toshiの悪あがき【シーズン1】

何気ない日々からの脱出を目指してます✌️夢がなくても夢を現実に💘YouTube「Toshiの悪あがき【シーズン1】」で検索🙇‍♂️美容室を経営し早10年…苦痛と喜びの連続✨銀座やオーストラリアでも生き抜いた斜め思考の変態美容師😂

アイロテックのレッグストレッチャーを使えば誰でも180度開脚が達成できる

これまた強引に180度開脚を達成していきたいと思います。

著者の経験からするとアイロテックのレッグストレッチャーを使えば、180度開脚はできる様になるが痛みと恐怖がハンパではなかった記憶があります。

本当にアイロテックのレッグストレッチャーを使えば180度開脚を達成する事はできるのか?

結論から言うと「アイロテックのレッグストレッチャーを使えば180度開脚を達成する事は出来ます!」むしろアイロテックのレッグストレッチャーと気合いと根性のみで誰でも180度開脚を達成可能です!

アイロッテクとは?

本格トレーニング器具からダンベル、バーベル、ベンチプレスなどの筋トレ器具の通販専門ショップです。

ベンチプレスで100キロを目指してる方にお勧めのブランドになります。価格やコスパ、サービスなど全てがちょうど良い感じなんです。

まさに相棒の筋トレグッズが見つかる事間違いなしです!

スーパースポーツカンパニー/IROTEC(アイロテック)

  レッグストレッチャーとは?

純粋に股割り機です。180度開脚を達成する為の手動の機械になります。様々なメーカーさんから色々なタイプが発売されてますがアイロテックのレッグストレッチャーが180度開脚を達成する為には1番の近道になります!

www.super-sports.jp

アイロテックレッグストレッチャーを購入した方が良い理由
  1. 180度開脚が必ず達成できる。
  2. 一人で出来ないストレッチが一人で行える。
  3. アイロテックレッグストレッチャーの使い方を本当に理解し始めると全身が柔らかくなり初め日常生活にも違いを感じる!
  4. アイロテックレッグストレッチャーの達人になると宇宙にイケるレベルの全身リラックスの無重力空間にまで憑依されます(笑)この頃になると180度開脚が目前、もしくは達成済みレベルです。
  5. 初心者さんは「身体を柔らかくしたい」「180度開脚を達成したい」と強い気持ちを持ち、何も考えず思考停止の状態でアイロテックレッグストレッチャーをひたすら毎日継続して使用して頂ければOKです。勝手に全身が柔らかくなり初めます。 
アイロテックレッグストレッチャーの使い方

①アイロテックレッグストレッチャーを組み立てます。組み立ては簡単です。

組み立てられたアイロテックのレッグストレッチャーが床に準備されてる

アイロテックのレッグストレッチャー

②レッグストレッチャーに乗っかり180度開脚を行う準備をして下さい。

レッグストレッチャーに人が乗っかてる

レッグストレッチャーに乗っかり準備する

③レッグストレッチャーの中央部分にあるレバーを右回転にグルグル回す。

回転数に応じて開脚する角度の調整が可能です。

アイロテックのレッグストレッチャーを使用してる

中央のレバーを右回転にグルグル回す

④激痛に耐えガンガン開脚して下さい。

人がアイロテックレッグストレッチャーで180度開脚してる

アイロテックレッグストレッチャーで180度開脚

⑤ちなみに著者のToshiは下記の写真までが限界の限界でした。

180度開脚済みのレッグストレッチャーが床に置かれてる

Toshiの開脚記録1

横から見た180度開脚済みのレッグストレッチャーが床に置かれてる

Toshiの開脚記録2

アイロテックのレッグストレッチャーで180度開脚を達成し喜んでる姿

Toshiの開脚記録3
それでも諦めないで!

もし万が一アイロテックレッグストレッチャーを継続して使用されても180度開脚が達成できない方は 

www.toshi20200709.info

www.toshi20200709.info

これらの記事を参考にして見て下さい。

よりハードになりますが短時間で180度開脚が達成できる様になります。180度開脚が達成できる様になる為の最終手段をご紹介してます!

まとめ

諦めずアイロテックレッグストレッチャーを継続して計画を立て、180度開脚を達成してる姿をしっかりイメージしてストレッチして頂ければ必ず誰でも180度開脚は達成できます!

もちろん著者のToshiも180度開脚は達成できてます。

Twitter「@toshi20200709」

Instagram「toshi20200709」

Tick Tok「@toshi20200709」

YouTube「Toshiの悪あがき【シーズン1】」

こちらもご一緒によろしくお願いします。