Toshiの悪あがき【シーズン1】

何気ない日々からの脱出を目指してます✌️夢がなくても夢を現実に💘美容室を経営し早15年…苦痛と喜びの連続✨銀座やオーストラリア、地方の田舎でも生き抜いた斜め思考の変態美容師😂

xjr400とxjr400rの歴史と仕様変更などについて

xjr400の歴史

1993年発売開始

xjr400新登場

xjr400新登場

xjr400新登場

398空冷並列4気筒DOHC4バルブエンジン。53psの最高出力は11,000回転で発生。空冷エンジンの短所であるエンジンオイルの上昇を抑える為のオイルクーラーが標準装備。

1994年

xjr400。ディープバイオレットメタリック1を新色とし赤と黒は継続。

xjr400。ディープバイオレットメタリック1を新色とし赤と黒は継続。

xjr400。ディープバイオレットメタリック1を新色とし赤と黒は継続。

xjr400sが追加。オーリンズサスペンションを装備した上級モデル。

xjr400sが追加。オーリンズサスペンションを装備した上級モデル。

xjr400sが追加。オーリンズサスペンションを装備した上級モデル。

1995年

xjr400仕様変更

1995年xjr400仕様変更

1995年xjr400仕様変更

ピストンの形状変更と軽量化。

キャブレターのチョークレバーがハンドルスイッチ位置に変更。

この年に上級モデルとしてxjr400rが誕生した。

1996年

xjr400としては最終モデル。

xjr400としては最終モデル。

xjr400仕様変更

シート素材の変更(ヤマハ独自の衝撃素材ワイラックス)

xjr400としては最終モデル。

www.bikebros.co.jp

xjr400rの歴史

1995年

xjr400r新登場。

1995年xjr400r新登場。

1995年xjr400r新登場。

1993年に誕生したxjr400の上級モデル。

xjr400に対してオーリンズ製のリアサスペンションとブレンボ製のブレーキキャリパーを採用。エンジンなどの基本構成は同一。

1996年

xjr400rII

1996年xjr400rII

1996年xjr400rII

カウル装着。薄型ヘッドライト 。デジタルメーター。シート素材の変更(ヤマハ独自の衝撃素材ワイラックス)

1996年

xjr400r仕様変更

1996年xjr400r仕様変更

1996年xjr400r仕様変更

xjr400rもシート素材の変更(ヤマハ独自の衝撃素材ワイラックス)

1997年

1997年xjr400rの新色としてブルーとブラックが追加され白とシルバーは継続

1997年xjr400rの新色としてブルーとブラックが追加され白とシルバーは継続

xjr400rの新色としてブルーとブラックが追加され白とシルバーは継続

1998年

xjr400r仕様変更。

1998年xjr400r仕様変更。

1998年xjr400r仕様変更。

ビックバイクのxjr1300に通じる外観デザインに変更。具体的にはサイドカバー、テールカウル。

燃料タンクが大きくなり、メーターに時計とツイントリップ機能が追加させました。

1999年

1999年xjr400r新色としてブラックを追加。

1999年xjr400r新色としてブラックを追加。
xjr400r新色としてブラックを追加。
2000年

2000年xjr400rのホワイトが新設定

2000年xjr400rのホワイトが新設定
xjr400rのホワイトが新設定されエンジンとマフラーが黒処理された。99年のブラック(エンジンとマフラー)も継続。
シルバーのみマフラーとエンジンもシルバー。
2001年
xjr400r仕様変更

2001年xjr400r仕様変更

2001年xjr400r仕様変更
新型BSRキャブレターに変更。軽量な新作リアホイール。前後ラジアルタイヤ。2次エア導入装置でクリーンな排出ガスを実現。
マフラーもサイレンサーも一新、シートもテンプル加工になるなどほぼ全面的に改良された。

www.bikebros.co.jp

追伸
 個人的には1994年までのxjr400が最高で昭和らしいバイクでしたが1995年以降のxjr400もxjr400rもルックスも走り心地も優等生すぎて物足りない感じです。